ダンスを学ぶことで、身体能力が高まり、創造する心や感性が磨かれるという利点があるほかに、さまざまなメリットがあることを前回までのブログで書いてきました。

今回はダンスを学び、モチベーションを持って練習していくことで、磨かれるスキルを2回に分けて書きます。

1、コミュニケーション能力

仲間と一緒に協力してダンスを作ったり練習したりすることで、話す力、聴く力、そして内容を理解する力が付きます。自分のステップや他の人の踊りについて、話し合うことで、語彙力や言葉の表現力も付きますし、その語彙力は文章を書く力にもつながります。

pg17_photo02_03

 

2、数学的な理解力(特に空間に関して)

ダンスは幾何学的な言葉も使うので、数学的な理解も深まります。グループで、フォーメーションを作る時にも円、三角形、楕円形、二等辺三角形、四角、五角形などの言葉を使ったり、動きについて、曲線、直線などの言葉を使い、実際に動いてみることで、知識も深まります。

0BDB9CB9-D42A-4331-BC9F-CDA300124CD2

3、テクノロジーを扱える

ダンスを見たり、撮影したりするのに、ビデオを使ったり、ネットの動画を見たりするのにPCを使いますが、このような、機械やITの知識を身につけることもできます。

4、チームワークがうまくできるようになる

ダンスを通して、仲間と、アイデアや意見を共有し、時には、同じ目標に向かって練習することで、仲間同士で意見やアイデアを共有し、協力し合うことを経験できます。さらに、人の気持ちになって考え、思いやりをもって、一緒にダンスを踊り、教え合うこともできるようになるのです。

pg76_photo07_06

5、自主的に行動を起こし、問題解決しようとする。

発表会でもっとうまく踊れるように、自主的に練習したり、どうすればうまく踊れるのかを自分の力で考えようとする力が身につきます。

まとめ

今回5つのメリットについて書いて見ましたが、一つの習い事で、これだけのメリットがあれば、ぜひ習ってみたくなりますよね。次回はあとの5つのメリットについて書こうと思います。