いくつかの動きが決まったら、もっとその動きを色々にアレンジし、発展させていきます。色々な方法がありますが、ここでは、以前お話しした、ラバンのムーブメント理論から身体の動きやダンスの構成要素から発展させる方法について書こうと思います。

 

一つの方向に視線と腕を伸ばす方向性のある動き

04662F0E-F2FF-4CE5-8F76-9F9BD8EB63DB

どちらの方向に動くか方向性がない酔っ払いの動き

51FBA00E-62A2-4F51-BB3D-F8C6353E79A0

選んだ動きを発展させる方法は多種多様。

この方法には、色々あります。自分で決め動きを好きな曲に合わせて、動きを変化させてアレンジしてもいいし、3つ動きを作ったら、それぞれにA、B、Cと名前をつけAAB,ACBのように、順序を変えたり、ABBAのように並べたりなど、色々な順番で動いてみて、振付を作ることができます。また、閃いたものを取り入れても良いし、様々です。

身体の動きやダンスを構成する要素で振付を練っていく

ここでは、動きやダンスを構成するもの(4つの要素:アクション、ダイナミック、空間、他者との関係)を変化させたり、発展させたりして、振付をする方法を説明します。

この方法は、少し、概念的かもしれませんが、こうすることで、自分の動ける範囲、動き方、動きの種類(ムーブメント ボキャブラリー)が増えるという利点があります。このことに関して、まずはシンプルに書いてみます。

ダンスを構成するもの

1、アクション(身体がする動作は?) : 走る、ジャンプをする、回る、捻る、ジェスチャー など

2、ダイナミック(どのように身体を動かすのか?):動きの速度、強弱、高低をつける、動きの質、方向性を変える

*これは、ラバンの動きの分析理論にあるeffortの要素になり、それには4つの要素(速度、重さ、方向性、動きの質、があるとされています。

3、空間(身体が空間をどのように動くか?):自分の手足が上、下、横、斜めなどどの方向に動くのか、そしてそれをしながらスタジオの横、前などどの方向にどんな動きをしていくのか。

4、他者との関係(自分が踊る人や対象:例えば、椅子、映像、曲とどんな関係を持って動くのか?)椅子を使ってダンスを作るときにその椅子が自分にとって何なのか(友達のような存在?)を意識することで、どう関わるのか。

違う動きを加えたり、速度を変えたり、もっと空間を移動するように動きをアレンジしたりして、動きを練っていきます。

ダンスを創作する上で、これらの4つの要素から色々と動きを作ったり、遊んでみたりすると、こんな振付もできそう!と一つの動きを多様に発展させることができます。

まとめ

クラスでやる場合、子どもたちが、どんな動きをしていいかよくわからない時でも、シンプルな動き(走るや手を上げるなど)から初めて、少しづつ複雑にして、動きを発展させることができます。こうすることで、身体をコントロールする走る、飛ぶなどの動きも向上していきます。