ダンスは他の分野のアートとも類似しています。
たとえば、私たちは、絵画などのアート作品に斬新なアイデアや構成を見いだしたり、その絵をもとに、想像を膨らませたりします。
そして、そのアート作品が持つ美的感覚は、ダンスにも大いにつながります。
美術館にあるアート作品の他に、演劇、音楽という舞台芸術もアートの一つです。
そこで、このブログでは、それらのアートと比較しつつ、ダンスをアートとしての視点から見て行きたいと思います。

それぞれのアートの表現手段と感覚の特徴

まず、ダンス、絵画、演劇、音楽の表現手段(表現の媒体)とそれぞれの活動に伴う感覚(視覚、聴覚、身体感覚)を比較してみます。

表現手段(媒体)                        使う感覚
ダンス                  身体                                   身体感覚
演劇                  身体、言語                             聴覚、身体感覚
美術(絵画)          絵の具、                                視覚
音楽                  楽器                                      聴覚

上の表を見てもわかるように、ダンス、演劇、音楽、絵画は、それぞれ特有の表現手段と感覚を伴って、表現されます。

 

「幽霊」をそれぞれの分野のアートで表現すると

さらに、それぞれの特徴を生かして、何かを表現した場合どうなるのかというと

たとえば、一言に「幽霊」をそれぞれの分野で表現すると
ダンスでは、身体を使い、実際にはあり得ない骸骨の踊りをするかもしれません。
バレエのジゼルでは、重さを感じさせない、ステップを多く入れるなどの振付になっています.

スクリーンショット 2018-07-02 22.20.01

演劇では、身体と言葉を使って、両手をだらっと胸の前に突き出すよくある幽霊のポーズで「うらめしや〜」と演じるかもしれません。

スクリーンショット 2018-07-02 22.20.18

音楽では、寒気を感じさせるような、笛の音や、演奏がなされるかもしれません。

最後に絵画では、ダークな感じの色使いで、この世に恨みを持っている表情の幽霊が描かれるかもしれません。

スクリーンショット 2018-07-02 22.20.32

このように、「幽霊」という一つのものを、それぞれのアートが特徴を生かして、色々な視点から表現しているのがとても面白いところです。

ダンス、演劇、音楽、芸術は、その表現方法を生かしながら、コラボレーションして新たなアート作品を作ることも多く、私自身もダンス作品の中にセリフを入れたり、音楽を入れたりして、より作品の持つ表現力を強くしたりします。

まとめ

このように、ダンス、演劇、音楽、絵画などのアートは、表現として類似性がある一方で、その特徴を生かすとそれぞれ違う表現が楽しめるというのが面白いところです。
私もよく、美術館に出かけて、作品を見に行きますが、その色合いや、形、その作品から受ける印象などを楽しむとともに、作家さんがなぜその作品を作ったのか、そのアイデアやコンセプトなどを知るのも、自分の創作活動にとても参考になるのです。自分のキッズダンスクラスでも、絵画を見てそれからインスピレーションを受けて動いてみたり、絵を描いてみたりします。
次回のブログからは、それぞれの分野のアートがどのように、ダンスと関わっているのかさらに具体的な例を挙げて、書きたいと思います。