全体の構成を考えたら、次は、客観的に作品全体と細部を見直します。

自分の目で客観的に作品を見る

全体が出来上がったら、作品の中で、自分の振付や構成がテーマを表現しているか、見ている人にどう見えるかなどを客観的にチェックします。

クラスで生徒たちがダンスを作っている場合は、生徒たちが自分で考えて、動きのフレーズや構成を決めるので、先生は、「なぜそのフレーズがいいと思ったのか」など、生徒が、あやふやに思う部分について、疑問を投げかけてあげます。そうすれば、生徒たちは、自分で納得のいくように作り変えることができます。自分で作る振付なら、自分が忘れることはありませんし、簡単に繰り返せます。このことは4分間ぐらいの短い曲を振付る場合でも同じ事です。
小学校低学年くらいの子供のクラスなら、ダンス作品の全体の構成をあらかじめ作っておいて、動きのフレーズだけ、生徒自身で創作させても、いいかもしれません。その中に、パートナーワークや群舞などの構成を入れれば、生徒は色々な動きのフレーズを考えることができます。
まずは、生徒が、自分で決めて作ってみることです。

3EE81B9C-76E7-44D4-A07B-4C587E7FC511

自由に創作できる雰囲気づくり

ダンス即興をする時もそうですが、自由に身体を動かして、発想を豊かにできる雰囲気づくりも大切です。創作しているときに、こんな動きもある!あんな動きもできる!というように、クリエイティブな発想が出来るようなクラスの雰囲気があることは重要です。

通常のダンスクラスでも、少し創作の時間を儲けるだけで、生徒たちも十分に考えることができます。

スクリーンショット 2019-02-07 9.36.32

 

まとめ

教える先生も教わる生徒も、前のブログで書いたダンスの構成要素(アクション、空間、ダイナミックス、他者との関係)などの知識があれば、出来上がった作品をチェックする助けになるし、お互いに作品についての知識を共有できます。
また、ビデオや舞台で、プロのダンスカンパニーの作品をたくさん鑑賞しておくこともダンス創作に役立つと言えます。