今回は、キッズダンスクラスでもやっている創作ダンスエクササイズについて書いてみますが、まず最初に、その創作ダンスを創始したルドルフ、ラバンから紹介します。

ヨーロッパのダンス教育の第一人者ルドルフ・ラバン

ルドルフラバンは(1879–1958) は、ヨーロッパのダンス教育の第一人者で、特にモダンダンスの発展に大きな貢献をしました。彼は、英国でダンス理論を確立しましたが、欧米や日本の小、中学校のダンス教育のにも影響を与えました。

彼の動作分析は「動きとは何かを追求したもので、彼自身、人間だけでなく動物や乗り物など動くものは全てを観察し動きの分析をしたのです。

特に身体動作に関しては動きが、空間、時間、エネルギー、身体の各部の要素から成り立っていると言う理論ですが、これに加えてダンスの動きについては、また更に異なる幾つかの要素を見出しました。ここでは、この4つの要素を用いた創作ダンスエクササイズの一例についてお話しします。

スクリーンショット 2018-10-08 22.02.45

 

ダンスの創作のエクササイズ例:「逆の動きをする」(ラバン動作分析に基づく)

エクササイズの一例として、身体を使って 空間、時間、エネルギー、身体の各部のそれぞれの観点から、Aさんが動き、Bさんが逆の動きを作るエクササイズです。

AさんもBさんも、とりあえず踊ろうと思わずに、ただ色々と動いてみます。

時間を用いた場合、Aさんが、身体や腕、足を早く動かしたときBさんはゆっくり動き、Aさんが動かす場所を変えた時はBさんも変えていきます。

エネルギーに関しては、Aさんが力強く動いた時は、Bさんは弱々しく動き、Aさんが違う質の動きをしたら、またBさんが逆のことをするという具合です。

これと同じように、時間と身体の各部に関してもやってみます。

特に身体の各部に関しては、

右手に対して左手が逆と考える子もいれば、手だから足と考える子もいるなど、面白い発見もあります。

このようなエクササイズは、ダンスの振付とは無関係のように思われがちですが、ダンスの古今東西の振付家は、このような作業を最初にしてから、カッコイイ振付や美しい振付を作り上げて来たというのは、相違ありません。

pg73_photo07_03

 

創作ダンスエクササイズの利点

このような創作エクササイズは、遊んでいるようでとても面白いですし、次のような利点もあります

・わかりやすいアイデアなので動きやすい:「…をイメージしていて動いて」という指示よりわかりやすく、作りやすい。

・振付や順番を覚えるいい練習になる:ダンス習得のためには「先生や人の動きを読み取れる」いい練習にもなる。

・自分で考えて動けるようになる:エクササイズが具体的なので、自分で考えて動くこと、工夫することが面白くなってくる。

・身体の巧緻性が高まる:ステップやテクニックの練習など通常のレッスンではやらない複合した動きをするので、身体をコントロールして器用に動かす能力が高まる。

pg59_06_01

まとめ

創作というと何か小難しいようで面白くないように思いがちですし、なんか動きがカッコ悪いかななどと色々考えがちですが、色々なアイデアを使って体を動かしてみると、本当に多くの動きが可能で面白くなってきます。身体は、自分が思っているより賢いかもしれませんね。