今上演中の百鬼オペラを東急文化村のシアターコクーンを見に行った。百鬼オペラという題名から、ダンスや演技も見れるのかなと期待しながら。

芥川龍之介の作品、羅生門を題材としている作品をイスラエルのコンテンポラリーダンスカンパニーの振付師が演出(振付も)している作品。

http://operashomon.com

芥川龍之介作品の解釈の仕方がちょっと違和感があったが、ダンスの振付が面白かった。

カラスの動きをコンテンポラリーダンスで

最初の場面で、死人にたかるカラスの群れのダンサーが、大きな黒い羽をつけて、バタバタと現れてきた。
羽が大きくてあまり動きが良く見えなかったが、襲いかかるような、オドロオドロした得体の知れない感じの動きはなんともコンテらしい。

ゲームみたいな行為もコンテンポラリーダンス

途中の場面でで、舞台の前方に、駕籠を担いだ2人が通る場面で、後ろでダンサーが一列になり、一人一人持っている小さなカゴを右から左に渡していき、最後に全部まとめて重ねていた前方にある駕籠と小さいカゴをかけたのか、面白い演出だなと思ったが、なんとなくコンテンポラリーダンスっぽい。といいのも、このようなゲームみたいなこと(言葉を使わない意味のある行為)をよくコンテでは使うからだ。

コンテンポラリーダンスカンパニーの芸術監督 インバル、ビント&アブシャロム、ポラック

そのほか、激しく動き回ったり(主人公の葛藤を表すような),総タイツで床を這い回る動きなどあったが、なんとなく見たことがあるようなダンスだったので、あとで演出振付をした人のプロフィールを見て見たら、やっぱりイスラエルでも活躍しているコンテンポラリーダンスカンパニーの芸術監督 インバル、ビント&アブシャロム、ポラックだった。

http://www.inbalpinto.com/works


、なんか見ていて、コンテンポラリーダンスが多いと思ったら、やっぱりコンテンポラリーダンスカンパニーの人が、演出をしていた。そのあと、彼らのカンパニーのサイトと動画を見たが面白い作品がたくさんあり、しばらくビデオ鑑賞していた。

まとめ

インバル、ビント&アブシャロム、ポラック ダンスカンパニーのビデオを見て思ったが、ダンスの作品は、衣装、振付、舞台作りと全て面白かった。
百鬼オペラの演出はそれに比べるとどうなのかなー???
今度は彼らのコンテンポラリーダンス作品を舞台を見に行きたい。

体幹トレーニング+ダンスクラスは

こちら
pilates181,120
コンテンポラリージャズダンスクラスは

こちら
cropped-IMG_0341.jpg
タイチーダンスについては

こちら

img_0282