よく小学校受験では、創作ダンスの課題が出題されます。出題の主旨は、子どもがグループで友達と協力して創作活動をしているかどうかを見るためと言われています。このようなグループで活動するときの協調性だけでなく、創作ダンスをすることで、子どもは語彙を増やし、知識を増やすこともできます。

29C12B62-C2BD-4226-BEF6-303B23B89CF1

語彙を増やす

言葉には、動詞、形容詞、名詞、副詞などありますが、動きを表す時は特に、「飛ぶ」「跳ねる」「はしる」などの動詞を使います。これらは単純な動詞ですが、そのほかに「交わす」「うずくまる」も動きを表す言葉です。言葉を創作ダンスを通して、学ぶ機会にもなります。

形容詞や副詞は動きの様子や程度を表すものですが、「早い」「遅い」のほかに、どんな動きかを表す「かすかな」や「微妙」のような言葉も使う事で、言葉のニュアンスを知って、語彙を増やすこともできます。

ストーリーの理解が体の表現に、わからないことを調べて知識も増える

創作ダンスでは、曲やストーリーからダンスを作ることがあります。幼稚園生や小学生向けのお話は、童話、昔話、小説などたくさんありますが、この時にまだ習っていない言葉や内容があることも多いでしょう。その時に、インターネットや本で知らな言葉を調べたりすることで、知識を増やし、そこから知識の幅も広がっていきます。

創作ダンスでは、理解していないと動けないので、創作ダンスで扱う話をきっかけに、話の内容や情景を理解する力をつけることができます。また同時に、そのお話の内容をダンスで表現する表現力もつきます。

考える力がつく

色々な動きを学校や幼稚園で学んでいたら、こんな振付や動きもあったから創作に使ってみようと考えたり、前に習ったのを使って自分なりに変えてみようなどと、応用して考える力も付きます。

仲間と協力して物事をやる協調性がつく

グループでダンスを作る時は特に友達同士で、自分のアイデアを出し合ったり、問題のある部分があったら、それを話し合いで解決したり、自分のポジションが、狭かったりしたら友達に交渉したりなど、仲間同志、友達同士でうまく協調していくことを創作の過程で学びます。

これらの行動をとって行く時に、友達と喧嘩にならないように、自分も他人も納得のいくようにやっていくのは、大人でも難しいですよね。

下記は、早稲田実業初等部の受験に出題された創作ダンスですが、動物がどんな動きをするのかという知識の他に、友達と一緒に振付を作り、練習するという協調性も必要になってくる課題です。

創作ダンス(動物模倣) 

・黒板に描かれているキリン・ゴリラ・サル・ゾウの絵をもとに、みんなで相談して振付を決める。その振付を歌を歌いながら練習をした後、本番を行う。

まとめ

創作ダンスというと、何か難しいことのように思ってしまいますが、慣れてくれば、それほどでもありません。取り組んでみると意外と面白く、とても勉強になることが多いことに気づくと思います。クラスで練習した振付を踊るよりも、その子供らしい表現も見えるので、お受験の課題になっているのかもしれませんね。