コンテンポラリーダンスの基礎 ダンス、太極拳、ヨガ、など多くのジャンルに共通の事


IMG_0992

コンテンポラリーダンスが、バレエ、カポエラなどの格闘技、太極拳、ヨガなどいろいろな動きを融合したもので、振付家によって、ダンスの形やトレーニングも異なると言う事を、前にご紹介しました。なので、もし以前に、ヨガ、太極拳や他の種類のダンス(バレエ、ヒップホップ、ジャズダンス、ベリーダンスなど)をやったことがある又は、体を動かすこと(柔道、演劇など)などしたことがあるなら、コンテンポラリーダンスはそんなに難しく感じないでしょう。よくバレエ、合気道などやっていた人が、ジャズダンスやコンテンポラリーダンスを始めたりすると、うまくなるのが早かったりします。どうしてでしょうか?それは体づくりの土台としている基礎に共通点があるからです。その基礎となっている共通点は、2つ考えられます。

ダンスや武術に共通のコア(体の中心)の意識。

一つ目は、身体の中心(コア)の意識です。ダンスでは、体を動かす中心は骨盤の中心にあると言われています。太極拳の場合は丹田(おへそから2、3センチ下がったところ)を意識して動きます。太極拳では、臍下丹田という言葉があります。ヨガで言えばチャクラ。体のセンターを意識して体を動かすことはヨガでも太極拳、ダンス、武術などに共通しています。この丹田、チャクラ、体のセンター(コア)を意識してトレーニングすることが、ダンス、太極拳などの身体運動にとって重要なことになってきます。このコアの意識があれば、他のジャンルのダンスでも体得するのが難しくないのです。

それそれのダンスや身体運動には特徴があり、コアの意識のほかに重視することがあります。例えば、バレエの場合は、体の中心から背骨を立てて軸を作るので、回転のテクニックが多くなります。一方コンテンポラリダンスでは、上半身の動きも伴い、重心も落としてコアを低く保つので、床に転がったりする動きが多くなります。このように、動き方は、異なってきますが、体の中心を意識して動くことに変わりは有りません。

どんな動きにも耐えられる身体のアラインメント

2つ目は、身体のアラインメント(骨の羅列)と動くときのアラインメントを正しく身につけているかという事です、例えば、腰が反っていないか、肩が内に入ってないか、膝をつま先の方向に曲げているか、足の裏の重心が正しくかかっていて、小指側や親指側にかかりすぎていないかなどの事です。この点で悪い癖がついてしまうと、深刻な怪我につながります。プロを目指すなら、悪い癖は克服しないといけないでしょう。もし、膝を曲げた時に、膝とつま先が違う方向になっていれば、膝やアキレス腱を痛めます。膝を曲げるごとに、関節をねじる動きがなされて、腱や靭帯を摩り切れさせてしまいます。(考えただけでも痛々しいです。)このアラインメントがしっかり身についていると、身体の動きは呼吸を伴いダイナミックに動く事が出来るのです。

体ができていれば何でも踊れる!

前述の、膝を曲げる方向については、ダンス、太極拳、ヨガ、でも共通のことです。体のコアの意識とアラインメントができていれば、他のジャンルのダンスをやっても、根本的に体ができているので、新しい分野のダンスを始めても習得が早いということです。逆に言えば、ダンス、太極拳、武術、ヨガなどいろいろな分野のトレーニングをすることでコアを鍛え、いろいろな動きを出来るようになるということも言えます。ちなみに私がダンスのトレーニングを受けたダンス学校ではコンテンポラリーダンスは必須でその他にバレエ、ヨガ、ジャズダンスなどが選択科目でした。大学のダンス科ではもっと選択科目が多く、タップや太極拳、カポエラなどもあり、ベリーダンスの講習会もありました。

コア(パワーハウス)の意識と、アラインメントを整えるピラティス

ダンスクラスでは、エクササイズの順番や、振付を覚えることに必死で、コアの意識やアラインメントに注意がいかないことがあります。そのために、最適なエクササイズが、ピラティスです。ピラティスはダンサーの為のエクササイズとして発展したものでもあるからです。ピラティスはもともと、英国で従軍兵士のリハビリのエクササイズでしたが、ニューヨークのスタジオでは、モダンダンスや、バレエダンサーのトレーニングとして発展しました。ニューヨークモダンダンスの巨匠マーサグラハムのダンサーたちは、ピラティスを体のメンテナンスやトレーニングのために取り入れたことは良く知られています。マット、ボール、リフォーマーなどを使って、体のコアの意識や動きのアラインメントをじっくりトレーニングする点では、ピラティスは身体づくりのためのおすすめのトレーニング法と言えます。

まとめ

基礎というと何か地味でつまらないことのように思われますが、身に付ければ、いろいろな身体運動に挑戦できるし、上達も早まります。急がば回れとはよく言ったものです。基本だけでは上達しないことも確かですが、いつも基礎に立ち返りながら、ダンス練習することで、ヘルシーに、幾つになってもダンスを楽しむことができます。特にコンテンポラリーダンスは、即興などの自由な動き、独自の動きや表現も楽しめる特徴があります。さらに、ダンスクラスで、先生や友人と一緒に踊ることは素敵なことですよね。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました