10月14日(日)、高齢者施設のラヴィーレ 二子玉川で、ダンスとサックスの共演イベントをしました。ジャズの曲のダンスとサックスの演奏に入居者も一緒に歌ったり、踊ったりとても楽しい時間となりました。そのときの様子をお伝えします。

ダンスに備えてウォームアップ

まずは、後半にみんなでやるダンスのためのウォームアップ。ジャズ曲“Take a train”の曲に合わせて、ストレッチや、脚や肩、首でもリズムをとったりダンスの振付のウォームアップをしました。
どうして、サーキュラースカートなんかはいているかというと、ウォームアップでやった動きを”Take a train”のダンスに入れているからなのです。(関連性があります)
C363E564-84A3-4753-B90B-487D15DC933B
そして、サックス奏者の柳津雅子さんによる”東京ブギウギ“。やはり当時流行ったのでしょうか、ノリノリの方もいて最後に「イエ〜ィ」という声も客席からあって、最高!
雅子さんも盛り上げてくださってありがとうございました。
4C3397B2-BDDC-40AC-8B4E-BC41F4828DDA
次の”シング、シングシング“は、ダンスとサックスで、やっぱりシングシングシングはいいですね。曲を聴くと、踊りたくなります。デューク エリントンが、この曲を作ってくれたことに感謝。
EF66A111-BB0C-4E13-B1AE-60A2E80BBB98
5A6511CF-169E-4636-A807-02F82BDA2961
最後は、「夏の思い出」観客の方々も一緒に全員で踊って歌い、サックス演奏も加わって大いに盛り上がりました。
2207FC3F-C184-4F06-9DCF-2FFD5ADC3419
あっという間の35分間でしたが、施設の皆さんに楽しんでもらえたようでよかったです。私自身も楽しい時間でした。
このあとの一杯が美味しかったことは言うまでもありません。
ラヴィーレ二子玉川のブログにもその様子があります。