前回のブログでは、ダンスクラスのお友達間のコミニケーションについて少し触れました。今回は、人の気持ちがわかるようにある感性と想像することから養われる感性について書いてみようと思います。

人の気持ちを思いやることのできる感性

ダンスクラスでは、一人一人しっかり踊れるように、人と間隔を取ることを教えます。踊るときに、相手の様子を見ながら、邪魔にならずに、自分ものびのびと踊れるスペースを取る感覚は、ダンスのグループレッスンで身につけることができます。もし、みんなが右に移動するにに自分だけ遅れてしまったり反対の方向に移動してしまうと、全体の踊りが乱れてしまいます。

また、みんなで一緒にダンスを練習して、一つのものを表現するという一体感が、チームワークになります。できない子がいないように、みんなで何回も一緒に練習したり、できない子は、できるように頑張ろうとするなど、わからない部分があったらお互いに教えあいます。先生も、クラスの様子を見ながら一人一人サポートしますが、このような連帯感は、グループでダンスをすることで養われます。

pg84_photo08_03

 

ダンスの曲や踊ることでイメージが膨らみ感性が豊かに

ダンスクラスでは、色々な曲や物語なども使って、イメージを膨らませたり、キャラクターになってダンスを踊ったりします。このように想像して体で表現することで、感性が豊かになります。

そのために、いろいろな曲や音を使います。小学生のクラスでは、水の流れる音や雨の降る音などを使って、雨が降っている様子をイメージして、冷たく雨が当たる感じを想像してみたり、物語のキャラクターになって踊ってみたりします。

例えば、白雪姫に出てくる7人の小人の一人、ねぼすけな小人はどんな風にシェベルで宝石を掘るかなどを想像しながら、ジェスチャーして踊りにしたりします。

 このように、想像して、色々なイメージしてみるのは楽しいことですし、子ども達は大好きです。こうして、ダンスを通して色々なことを体験して、自分の中の想像する力が豊かになっていきます。

 

pg72_photo07_02まとめ

このように、一人でまたグループでダンスを踊ることで、物や人に対する感性を豊かに養うことができます。大人は頭を抱えて考え込んでしまいがちですが、小学生や幼稚園生には自然に楽しめることかもしれませんね。