前回までのブログでは、ダンスと視覚芸術(絵画や彫刻)のついて書きましたが、

今回は、ダンスと舞台芸術である演劇について、2回に分けて書いてみます。

ダンスと演劇の相違点と異なる点

ダンスと演劇は、時間と空間の中に生まれる舞台芸術であるということで共通点があります。演技と踊りは動きを用いるという点でも同じですが、目的が異なります。

演劇は人間の間に起こる、対立、葛藤などのドラマを題材にしています。一方ダンス作品では、ストーリーを扱うものもあれば、動きや舞台空間、時間などをコンセプトにする抽象的な作品もあります。

3EE81B9C-76E7-44D4-A07B-4C587E7FC511

例えば、コンテンポラリーダンスカンパニー、ローザスのいくつかの振付は、ミニマリズム(同じ動きの繰り返し)の作品です。

スクリーンショット 2018-04-21 21.55.18

 

また、演劇では、台本を元に役者がセリフをいうことが一般的であるが、ダンスはダンサーがセリフを話すというよりも、身体を使った表現として理解されます。

ダンスと演劇の融合

実際、それぞれの相違点を生かし、ダンスと演劇を融合させた舞台芸術は、色々なところで演じられています。ミュージカルや歌舞伎もそうであると言えます。

コンテンポラリーダンスでは、ウッパダール舞踊団のピナバウシュのダンスが演劇を取り入れたダンス作品を創作しました。

5FDF9B58-426B-41CF-A77E-5115B7B81931

 

ただ、ミュージカルや歌舞伎は作品のストーリーが、細かかったり、そのストーリーありきの作品が多くみられる一方、ピナバウシュの作品は身体の動きやダンスに重きをおく作品として見ることができるかもしれません。

まとめ

キッズダンスや、コンテンポラリーダンスクラスでは、演じること、何かになることもダンスを通して実践していきます。

話が脱線しますが、演じること、フリをすることは、(人前で緊張しないようなフリをする、かっこいいフリをすることなど)日常生活で必要になってくることはたくさんありますよね。

次回はダンスと演劇それぞれのトレーニングについて書きたいと思います。