学校のクラブやサークルでの文化祭、イベントなどに発表するダンスを振付するために、まず踊りたい曲、使いたい曲を選んでから振付することも多いと思います。

曲からイメージする事で、こんな動きを入れてなど色々なイメージが湧いてきます。こうして曲と合わせて振付ている時、何回も曲を聞き直してつまづいてしまうことはありませんか?

そうならないために、その曲の全体の構成をあらかじめ知っておいて、まとまりの良い振付にすることもできます。

ここでは、そのような曲の構成を利用したAB2つのセクションからなるダンス振付の構成バイナリー(2部構成)について、お話しします。

2部構成バイナリーフォームBinary Form

このバイナリーフォームは、基本的にABという2つのセクションからなる構成です。

ダンスの振付では、基本的にAB という2種類の動きのフレーズだけで、全体を構成するわけです。

音楽で言えば、バロック音楽に多い構成と言えます。

一曲の中にABという異なるフレーズがあった場合、

踊るフレーズもAB 2種類のフレーズを用意して

A section  ではAフレーズを踊り

B section  ではBフレーズを踊る

という具合です。

このようにして、曲全体は基本的にABAB と進んでいきます。

AABAB のようにAかBが2回繰り返されるバリエーションもありますが、基本構成は変わりません。

バイナリーを振付で使うメリット

バイナリー(2部構成)の曲を使う場合、このバイナリーを使うことで、振付全体にボリュームを持たせることができます。

また、踊る方も2つの動きのフレーズを覚えるだけで、長い曲を踊れるので、かなり充実感があるでしょう。

一つ注意ですが、曲の構成を掴んでから、振付を構成しないと、ごちゃごちゃになってしまうので、構成を確認して、振付の参考にしてみてください。

下のビデオでは、リバーダンスの中の「リールアロウンドザ・サン」という曲で振付たダンスで説明しています。