ダンスを構成する4つの要素の最後は「他者との関係」です。他者との関係の「他者」が椅子や物の場合もりますが、ここでは、人を他者としてダンスの構成を考えてみます。
踊る人で構成するダンスフォーメーションは見ていても面白いですし、ダンス作品の意味やテーマを強調することができます。

そのダンス構成法について、いくつか代表的なものを書いてみます。

ダンスの動きを使ったグループダンス

・コピー、ミラリング
人の動きを鏡に映っていつように全く同じように真似するダンスです。

小さい子どもが先生の動きをしっかり真似して動けるようにするためのエクササイズでもありますが、全く同じ動きを真似するというのはなかなか難しいものです。

この間、東京新国立劇場で近藤良平さんと首藤康之が演じていた「かがみのなかはたなかのなかに」は、このミラリングを使った作品でした。二人が、同一人物という設定で、全く同じ動きをして、(見分けがつかないくらい同一人物のようでしたが)ストーリーのある面白いダンスを展開しています。

動画があったので下に貼り付けます。部分的(28−34秒あたりは特に)にミラリングの部分が観れます

リーダーに習え

これもミラリングと似ていますが、この場合は、リーダーの動きに踊り手が従い,真似するやり方です。ダンスクラスでは、だいたい先生が、リーダーとなり、生徒がそれについて、動きを真似していきます。他の人の動きを真似するととで、新しい動きやダンスを覚えたり、振り覚えを良くするためにもとてもいいエクササイズにもなります。ニューヨークの前衛振付家トリシャ・ブラウンのカンパニーは、このやり方を振付に取り入れてダンス作品を創作しています。

スクリーンショット 2019-03-03 19.56.05

トリシャブラウンダンスカンパニー”Groove and contermove”

アクションとリアクション

これは、一人の人が、何かの動作(アクション)をしたら、それに動いて答えるというエクササイズです。会話をするのと同じで、相手の動きに反応して動きます。

時間差を使うダンス

・ユニソン
複数のダンサーが、同時に同じ動きをするのがユニソンです。同じ曲でみんなで同じ踊りをするグループダンスはユニソンと言えます。

・カノン
ユニソンと逆で、タイミングを変えて同じ動きをします。合唱するときの輪唱と同じように、前のグループの動きを追いかけるようにして、踊ります。

幾何学的な形(ダンスフォーメーション)

グループでダンスをする時によく使うダンスフォーメーションですが、これにも色々なやり方があります。

・人数で分ける
5人のグループダンスを、2と3、2と2、1、4人に分けるなど人数を分けて、ダンスを振り付ける。

・複数の踊り手で幾何学的な図形を作る
複数の踊り手で直線、曲線、三角、蛇行に並んだでり、形の左右対称(シンメトリー)にしたり、空間を図形で描きます。

空間の位置どり、ポジション

複数のダンサーが、空間の手間、後ろ前、下手、上手などに位置することで、振付の意味づけをするやり方です。上下の空間も利用して、レベルを変える工夫できます。

コンタクト

身体の一部、例えば、ペアで相手と右手を繋いで、バランスを取りながら形を作ったり、(カウンターバランス)相手の体重を感じながら背中に乗ったり、動きを作ったり(カウンターテンション)などしても、面白い振付を作ることです。コンタクトインプロバイゼーションが同じです。

このような動きは、人の身体の動きをよく感じ、観察していないと危ないので、小学校高学年になってから、やり始めた方が、安全です。

pg32_photo03_05

 

まとめ

ダンスの動きを2人て作るときや、複数でダンスの動きを作るときに、どのようなことができるのかダンスの構成について書いてみました。
創作するダンスのテーマやコンセプトによって、ダンスはいろいろな構成ができます。ダンスの創作をするとき、振付をするときに、この構成を工夫することで、万華鏡のように、視覚的にとてもダンスを面白く見せることができるのです。